バナー

IT時代にニュースを得る方法について

ビジネスマンにとってニュースを知っていると言うことは欠かせないことです。

商談の場で、あるいは上司や知人との会話の中で最新情報を知らなかったばかりに恥をかいてしまうこともあります。


常にアンテナは伸ばしていたいですね。

ニュースを得るための媒体は、昔であれば新聞が鉄板のものでしたが、情報が高速化した現在では、一日に多くても二回しか情報配信がない新聞は必ずしも最良のソースとは言い切れなくなってきています。



最新情報はやはりITを活用して入手するのが良いでしょう。ITを利用する際でも、やはり情報の信頼性が高いのは新聞社、通信社のホームページから情報を得るやり方です。

これらの会社では新しいニュースが入る度に情報を更新してくれるため、常に最新の情報を手に入れることができます。

しっかり取材をした上での情報であるため、デマが混じりにくいというのが特長です。

新聞社や通信社はスマートフォンアプリなどでニュース配信や新聞の電子版を配信している場合もあります。
こうしたものも活用しておくと良いでしょう。

マスコミ系のソースに比べると情報の信頼性という面では劣りますが、ニュースの新鮮さという面ではマイクロブログなども活用できます。

マスコミ系ソースが扱わないような些細で身近なニュースや、とにかく速報が欲しい場合に、様々な人からの口コミは大いに助けになります。

ただし、誤った情報も混じっていることが多いため、すべてを鵜呑みにするのではなく、情報を取捨選択していくことが重要になってきます。

おもしろいところでは、市民記者によるニュースサイトも近年では勢いがあります。

こうしたものは身近な問題に対してじっくり取り組んでいるものもあり、大手が扱わない問題について深く切り込んでいます。

様々なニュースから情報を得ることで、話の種になったり、ビジネスチャンスを得たり、人生を豊かにすることができます。



IT時代に情報化の波から乗り遅れないようにしましょう。