泊まりのスキーツアーは宿指定がベスト

同じ日程で同じゲレンデ、バスとリフトと宿がセットになっているのに、主催している旅行会社によってツ料金が大きく違うことが多々あります。宿泊を伴うツアーでは、単にスキーをするだけでな、宿泊も考えて選びたいところです。場合によっては、大部屋で簡単な仕切りが入っているだけの宿泊施設もあります。

外観から誰が見ても農家の宿泊施設ををホテルと言っている場合もあります。

MERYの情報を要約した情報サイトです。

アルバイトで現地情報をあまり知らない添乗員もいます。

安い理由を考え、よく確認しておくことです。

宿泊を伴う場合は、初日はスキーを楽しめても、体を休める宿泊先で十分に休めず、二日目以降はスキーを楽しめなくなる時もあります。
そのためには、宿指定がお奨めです。安ければ安い理由はあります。


宿のランクを下げるか旅行会社のマージンを下げるかのどちらかです。

旅行会社は、大量販売が見込めない限りマージンを下げることはできません。



一番簡単な方法が宿のランクを下げる方法です。
日帰りツアーを併売している場合は、差額を計算すると宿泊料金が予想できます。

差額料金が数千円程度なら宿泊先も予想ができます。
大広間をカーテンで仕切った部屋で、食事なし素泊まり、床の上げ下げも自分でしなければならないでしょう。

宿指定であれば、そんな不安も軽減できます。

現地まで車を運転する必要が無いツアーを選ぶメリットは、快適にスキーに専念すつ貯めです。

様々な種類のスキーバスに関する情報が満載です。

ゲレンデで気分よく楽しむためには、気分よく休める場所が必要だということを忘れてはいけません。